本文へスキップ

地域ねこ活動

地域猫とは? 地域活動は?

店内イメージ

地域猫とは。飼い主がいないネコで、そのネコが住みつく地域の住民たちの協力で世話され管理されているネコ。

子どもを産んで困っている、糞尿に迷惑しているトラブルに対して、行われている対策です。

1人で地域猫活動しているのは、その人の単なる自己満足であり、その猫は地域猫とは呼びません。

ただの給餌だけでしたら地域猫とは言わない。

猫の繁殖を防ぐ為(無駄な命を増やさない)猫を保護し、避妊去勢を行い、また野に返します。

これが地域猫の大まかな概要です。

ほとんどの方がボランティアでされている、素晴らしい活動です。
地域猫活動をされている方も、その地域から野良猫を無くそうとしています。
どうか温かい目でご理解をお願いします。


地域猫のメリット

野良猫を減らし、ネコによるトラブル軽減が期待出来る。

去勢・避妊手術の実施、責任ある餌やりと糞尿処理が必要になりますので、
発情期によるマーキング行為(尿スプレー)、尿のにおい軽減が期待出来る。

トイレも設置するので、近隣への糞尿被害が軽減される。

地域で協力する為、コミュニケーションがとれるなど。

地域猫の失敗

これも取り上げないといけません。

平成9年に横浜市磯子区から地域猫制度がはじまりますが、もう何年経つのでしょう?
地域猫は一代限りの命のはずです。年数を見ると、野良猫がいなくなっても良い時期なのに、まだまだ野良猫はいます。

実際にネコの数が減っているかも疑問が残ります。苦情の減っている地域もあれば、増えている地域もあるようです。

地域猫活動との事で、エサやりを正当化される方。
自分では育てられないので、地域にお願いをし責任を住民に押し付ける人。
地域猫活動が善だと、地域住民に押し付ける方。

エサを与え、手術もしていて、地域の理解があってこそ、
はじめて地域猫と言えるのです。
地域の理解がないものは、ネコ好きの自己満足と言われてもしかたありません。

地域猫も効果が出なければ、違う対策が必要かもしれません。